スポンサードリンク

2007年01月27日

アドセンス規約がまた厳しくなりました。

   グーグルアドセンスの規約がまた厳しくなりました。


   どんな風に厳しくなったのか!?

   こんな感じです。
   ご覧ください!
   ↓ ↓ ↓






【メッセージによるクリックの誘導】
   
1、"広告をクリック"、"協力してください"、"これらのリンクへアクセス"、 
  またはその他の類似表現を使用して、Google 広告をクリックするよう
  ユーザーを誘導すること。

2、矢印またはその他の画像やレイアウトを使用して、
  広告にユーザーの注目を集めること。

3、広告の近くに誤解を招くような画像を表示すること。

4、大量の未承諾メールまたはサードパーティのウェブサイトで
  不必要に広告を掲載して、サイトを宣伝すること。

5、ユーザーに広告の表示や検索を促したり、
  第三者のそのような行為に対して報酬を提供すること。

6、Google の広告ユニットの上部に誤解を招くようなラベルを
  表示すること ("スポンサード リンク"は使用できますが、
  "お気に入りサイト"は使用できません)。


【競合する広告とサービス】

ユーザーの混乱を回避するため、Google の広告または検索ボックスと

同じレイアウトや色を使用している広告やサービスが表示されるウェブサイトでは、

Google の広告または検索ボックスを表示できません。

サイトで広告を直接販売している場合でも、お客様の責任のもとで

これらの広告が Google 広告を模倣したものとならないよう注意してください。






クリックの誘導については【2】【3】が去年の年末に追加されたものです。


そして1月に新しく追加された規約は…
【競合する広告とサービス】という項目です。


わかりましたか!?

グーグル以外のアドセンス広告は貼り付けてはならない!
と言うことですね。

これに反する者は削除ということになります。

グーグルは本気でアドセンス型広告を独占するつもりです。

そのほかにもアドセンス型広告はありますが

グーグルにはかないません。

グーグルアドセンスで稼ぎたいなら規約に従ったほうが良いでしょう!
posted by murase at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アドセンス注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。